Subscribe to 治療前に知りたいインプラント必見情報 Subscribe to 治療前に知りたいインプラント必見情報's comments

大阪の繁華街にぶらっと立ち寄ってみたとき、やたらにインプラントが可能な歯科クリニックの看板が多いと思いました。
なぜなのかと、歯と大阪の人との関係について、いろいろ調べたりしたところ、どうも大阪の人が、粉もんといわれるお好み焼きやたこ焼きなどの食べ物を生涯現役で食べ続けたいから、インプラント手術を受けるようになったと知りました。
入れ歯や差し歯をすると、保険適用なので自己負担は少なくて済むわけですが、その分、大阪名物である粉もんを食べにくくなってしまうのが、大阪のとくに高齢者の人には耐え難いことなのだそうです。
そのため、自分の歯がしっかりと生えている感覚の人工歯根を下あごの骨に接合して、ぐらぐらゆれないしっかりしたか見ごたえで粉もんを味わえるという宣伝文で、インプラント手術が可能である歯科医が、インプラント手術のよさを伝えるとともに、手術を試そうと思ってもらえるようにアピールされているわけなのだと、やっと納得できたのです。