Subscribe to 治療前に知りたいインプラント必見情報 Subscribe to 治療前に知りたいインプラント必見情報's comments

かつて加齢により歯を失った場合には部分入れ歯や総入れ歯を利用するのが一般的でした。
ですが、今ではインプラントという選択肢が増え、ニーズや予算に応じて患者さんが選ぶことが可能になっています。
入れ歯の弱点は、歯科医で歯型をとり精密に作ったつもりでも、ズレが生じやすいことです。
特に周りの歯の支えがない総入れ歯の場合は、ピッタリ感がなく物がかみづらい、挟まりやすい、言葉が喋りにくい、口の中に常に違和感が生じるという状態が生じやすいといえるでしょう。
また、入れ歯は毎日取り外しが必要で、メンテナンスが面倒なうえ、寝る際には外すのが普通ですので、その間は何かを喋っても周囲が聞き取れなかったり、歯がなくなるため口を開けた時の表情に老いを感じるのがデメリットです。
また、年老いて顔が痩せてくると入れ歯も合わなくなるなど、意外に面倒が多いですね。
これに対してインプラントは顎の骨に固定できるので、ほぼ自分の歯のように過ごすことができます。
手入れの面や噛み心地、話しやすさの点でもメリットが多いでしょう。